冷間圧造用ステンレス鋼線

お客様の要望に応じて、鋼種、皮膜、強度を組み合わせることにより、最適な仕様をご提案いたします。

主な鋼種の性質と用途

鋼種名 組 成 性質と用途
当社規格 JIS
SUSXM7 SUSXM7 18Cr-9Ni-3.5Cu 304にCu(銅)を添加し、圧造性を高めています。ねじ加工用に広く使用されています。
SUS304J3 SUS304J3 17Cr-8Ni-2Cu 304にCu(銅)を添加し、圧造性を高めています。圧造性は、XM7より劣ります。
SUS304 SUS304 18Cr-8Ni 耐食性・溶接性・機械的性質が良好です。
SUS305J1 SUS305J1 18Cr-13Ni-2Cu 304に比べ、Niの含有量が多く、加工硬化性が低いです。
SUS316L SUS316L 18Cr-12Ni-2.5Mo 耐食性、耐孔食性が必要な場所で使用されています。
SUH660 SUH660 15Cr-25Ni-1.5Mo-V-2Ti-Al-B-0.06C 700℃までの高温環境におけるボルトに使用されています。
SUS410 SUS410 13Cr SUS304、XM7より耐食性は劣りますが圧造性に優れており、複雑な形状への対応が可能です。焼入れにより硬度を向上させることが可能です。
SUS430 SUS430 18Cr 圧造性はSUS304、XM7より優れています。耐食性は、410と304の中間程度です。

潤滑用皮膜

当社の冷間圧造用ステンレス鋼線は、裸線の他に蓚酸皮膜と水溶性皮膜を施しており、工具寿命が延び、絞り加工時の焼き付きを防止することができます。
※ご要望に応じて、油引き・粉引きに対応できます。

皮膜種類 皮膜記号 特 長
蓚酸皮膜 BC+SP 最終熱処理後、蓚酸皮膜を施し、軽度の伸線を行いました。強絞り加工用に適し、色むらがなく密着性に優れたボンデコートです。
水溶性皮膜 ASSP(SL) 中度の絞り加工用に最適です。

▲蓚酸皮膜品

▲水溶性皮膜品

機械的性質

JIS G 4315に規定されたA種とB種があります。

鋼 種 A種(WSA) B種(WSB)
引張強さ N/mm² 絞 り
%
引張強さ N/mm² 絞 り
%
線径0.80mm以上
2.00mm未満
線径2.00mm以上
5.50mm以下
線径0.80mm以上
2.00mm未満
線径2.00mm以上
17.00mm以下
SUSXM7 480~630 440~590 70以上 500~680 450~630 65以上
SUS304J3 560~710 510~660 70以上 580~760 530~710 65以上
SUS304
SUS305J1 530~680 490~680 70以上 560~740 510~690 65以上
SUS316L 560~710 510~660 70以上 580~760 530~710 65以上
SUH660 630~780 580~730 65以上 650~830 600~780 60以上
SUS410 - - - 540~740 460~640 65以上
SUS430 - - - 500~700 450~600 65以上