Shinko Wire Company, Ltd.

エンジニアリング



ピン型落橋防止装置(特許 第3113563号)

特 長

両端のケーブル取付ブラケットの位置が上下・左右にずれる場合には、ケーブルを曲げずに連結できる新型のピン型ブラケットが使用できます。

偏向具方式と比較して次の特長があります。
[1] ピン方式は、偏向具を使わず、 2重ピンで回転させケーブルに曲げ力を加えない方式です。
[2] 桁間等でケーブルの軸心が合わない場合の取り付けにおいても、ブラケットのピン回転によって、ケーブルに曲げを発生させません。
[3] 特に、箱桁と鈑桁または橋台と橋桁の連結に適します。
[4] 実験で耐力を確認しております。

装置概要


付属品

部     品 材     質 規格(材料) 表面処理 適用ケーブル
OSPA OSPA-G SK SK-G
PC鋼より線(アンボンド) SWPR7BN(φ12.7,φ15.2mm)
SWPR19N(φ17.8,φ19.3,φ21.8mm)
JIS G 3536 −−−
亜鉛めっきPC鋼より線 φ12.7,φ15.2,φ17.8,φ19,3,φ21.8mm メーカー規格 −−−
アンカー S45CN JIS G 4051 HDZ35
SCM435もしくはSCM435H JIS G 4052 HDZ35
JIS G 4053
定着ナット S45CN JIS G 4051 HDZ35
支圧板 SS400 JIS G 3101 HDZ55
耐圧板 S45CN JIS G 4051 HDZ55
緩衝材 クロロプレンゴム −−− −−−
スプリング SWOSM−B、もしくは相当品 JIS G 3560 ポリエステル
粉体塗装
SUP9、もしくは相当品 JIS G 4801